BIOHAZARD

【レビュー】バイオハザード8(ヴィレッジ)の評価&感想を本音で語る!(ネタバレなし)

閲覧ありがとうございます。たけまるです。

今回は、『バイオハザード8(ヴィレッジ)』をプレイした感想と評価について話していきたいと思います。

サバイバルホラーの金字塔といえば『バイオハザードシリーズ』

そんなナンバリングタイトル9作品目のバイオハザード8(ヴィレッジ)が気になっている方の、

  • シリーズ多いけど過去作やってないとヤバい?
  • 人気らしいけど実際どうなの?
  • ホラーが苦手でもできる?

こんな疑問に答えてきたいと思います。

この記事では『バイオハザード8(ヴィレッジ)』の特徴や評価を紹介し、

『自分にとって楽しめるか』

これを確かめることにより、

読者

買って面白くなかったら嫌だな~

こんな不安をできるだけ減らしていければと思っています。

そのために『バイオハザード8(ヴィレッジ)』の良かった点・悪かった点をはじめ、素直な感想も交えて紹介しているので、少しは参考になるかと思います。

そして、この記事を見ることで以下のようなメリットがあります。

本記事を見るメリット
  • バイオハザード8(ヴィレッジ)について
  • 実際にプレイした感想&評価
  • こんな人にオススメ

ぜひ最後までお付き合いください。

バイオハザード8(ヴィレッジ)の総合評価

まずは、結論からです。

個人的な総合評価はこんな感じ。

項目評価
総合評価4.5
ストーリー5
ゲーム性4
ボリューム3.5
ホラー度4.5
世界観4

個人的に、前作の『バイオハザード7(レジデント イービル)』(以下前作)がかなり好きで、その続編ということもあって結構期待していましたが、案の定おもしろかったですね。

世界観こそあまり好みではなかったですが、ストーリーやホラー感はかなり良かったので、個人的には満足できました。

steamでのカスタマーレビューでは、171件84%が好評を付けており、『非常に好評』という2番目に高い評価が付けられています。(投稿時)

ゲーム性に関しては前作に比べてアクション要素が強めになっているので、ここは好みが分かれるかもしれません。

そして、本編クリアにかかった時間ですが、しっかりアイテムを取りながらやって11時間ほどでした。

読者

で、結局バイオハザード8は買うのはあり?

という質問に関しては、

たけまる

全然ありだが、前作をやっていた方がはるかに楽しめる

追加コンテンツも発表されたので、ボリュームもそこそこ増えると思います。

¥4,180 (2022/06/11 08:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

それでは、なぜこのような結論に至ったのかを解説していきます。

バイオハザード8(ヴィレッジ)ってどんなゲーム?

まず『バイオハザード8(ヴィレッジ)』がどんなゲームで、どういった特徴があるのかを、

  1. ストーリー
  2. ゲームシステム

この2つに分けて軽く紹介していこうと思います。

前提として、『バイオハザード8(ヴィレッジ)』は前作の完全な続編になるので、前作と同様に主人公はイーサン・ウィンターズとしてプレイしていくことなります。

これらを理解しておくと『バイオハザード8(ヴィレッジ)』がどんなゲームかが分かってくると思います。

たけまる

ちなみに、3つの追加コンテンツが2022年10月28日に登場することになりました。いぇ~い!

①ストーリーについて

ベイカー邸での惨劇から数年…

事件から生還したイーサン・ウィンターズは対バイオテロ部隊”BSAA”の庇護の下。

妻のミア、そして愛娘のローズと平穏な日々を過ごしていた。

しかし、幸せな生活はBSAA隊長クリス・レッドフィールドの襲撃によって破られる。

奪われた娘を取り戻すため、イーサンは再び死地へと向かう。

カプコン公式より引用

ストーリーの展開としては、4人の幹部的なやつを倒していってボスキャラに挑むみたいな感じで非常にシンプルです。

そして、今作のストーリーは『家族愛』が強く描かれており、ホラーゲームとは言えないほどの感動を与えてくれることでしょう。

たけまる

前作は妻のために命をかけ、今作は娘のために命をかけて戦うイーサンほんとすこ!

②ゲームシステムについて

『バイオハザード8(ヴィレッジ)』は前作のシステムを継承しつつ、しっかりとパワーアップしています。

なので、

  1. 一人称視点
  2. クラフトシステム
  3. 攻撃をガードできる

弾や回復薬を作れたりするシステムは健在で、ガードに関しては、追加アクションとして敵を突き飛ばすことができるようになっています。

そして、今回大きく変更された点がこちら。

  1. アタッシュケースの実装
  2. 武器商人システム
  3. マーセナリーズの実装
たけまる

この感じは完全に『バイオハザード4』ですね。

①アタッシュケース

従来であれば、アイテムボックスというものがあって、

  • 鍵などのキーアイテム
  • 回復系アイテム
  • 様々な武器

これらの持てないアイテムはそこに収納して、必要なときに取り出していく感じで進めていきます。

しかし、今作はそのアイテムボックスが無いので、鍵やキーアイテムはアタッシュケースに入らずに制限なく持つことができて、主に戦闘で使うものだけが収容されるようになっています。(キーピックは例外)

②武器商人システム

今作は敵を倒したりすることで換金アイテムが入手でき、そのお金を使って戦闘に備えることができます。

  • 武器の改造
  • アイテムや武器の購入
  • クラフトレシピの解放

このようなことができ、敵を倒していく重要性が増すのでアクション要素がパワーアップしているのは間違いです。

③マーセナリーズの実装

マーセナリーズとは、敵を時間内にたくさん倒しながらゴールへと向かう『ミニゲーム』みたいなもので、本編クリア後にできるやり込み要素の1つです。

そして、クリア後には達成したレコードによってCP(クリアポイント)というものがもらえて、

  • 強力な武器
  • 弾無限
  • フィギュアやアート

レコードとは、一度だけ入手できる達成報酬みたいなもので、例えば『ストーリーで敵を300体倒す』と5000CPもらえるみたいな感じです。

マーセナリーズでも専用のレコードがあるので、CP稼ぎとして遊んだり、単純にハイスコアを目指すのもいいでしょう。

バイオハザード8(ヴィレッジ)をプレイした感想

まず、クリアして思ったことは、

「最高傑作に近い!」

前作の続編ということもあり、前作をやっていた方が感情移入できていいのは間違いないです。

しかし、今作からやるという方に対しても、前作の大まかなあらすじを用意してくれて、制作陣の配慮を感じたし、バイオシリーズを初めてやる方に対しても、アクション要素が強めなので親しみやすいんじゃないかと思いました。

たけまる

賛否両論ありますが、全体的によくできた作品だと思います。

そこで具体的に、良かった点・悪かった点をいくつか紹介していきます。

バイオハザード8(ヴィレッジ)の良かった点

個人的に思う良かった点は、

  1. 色んな作品の要素を取り入れてる
  2. 感動するのにしっかり怖い

この2つになります。

①色んな作品の要素を取り入れてる

ゲームシステムなどを考えると全体的に『バイオハザード4』の要素が強め。

しかし、先ほど説明した『4人の幹部的なキャラ』のステージが、それぞれ色んな要素を取り入れてるので、飽きずに新鮮な気持ちでプレイできたのが良かったですね。

上記の画像では『バイオハザード1』の雰囲気があり、あるステージでは『バイオハザード7』といったように、

  • 初期のバイオっぽいステージ
  • ホラーに特化したステージ
  • アクションに特化したステージ

こんな感じでそれぞれのステージが楽しめると思います。

②感動するのにしっかり怖い

かわいい…あ、今作は『家族愛』が強く感じられて、主人公のイーサンが一般人という設定なので、より感情移入しやすくなっていると思います。

たけまる

自分の娘を取り戻すために奮闘するパパってかっけーんすよ

ストーリーが進むにつれて展開が気になってくるので、どんどん進めたくなるでしょう。

読者

ほんとにホラーゲームかよ…

と言いたくなるかもしれませんが、がっつりホラーなんで安心してください。

バイオハザードらしいびっくり要素はもちろんのこと、今作は家のきしむ音などの環境音がリアルさを演出して怖さを際立ててくれています。

それに武器が一切使えないステージがあったりと、怖さにも抜かりが無いので普通にホラーゲームと言えるでしょう。

バイオハザード8(ヴィレッジ)の悪かった点

個人的に思う悪かった点は、

  1. ボリュームに欠ける
  2. アクション要素が強すぎる

この2つになります。

①ボリュームに欠ける

私の場合は本編をクリアするのに、11時間くらいかかりました。

そして、やめました。

え?と思うかもしれませんが、それにはちゃんと理由があるので聞いてください。

まず、やり込み要素の1つである『マーセナリーズ』が好みじゃないんです。

たけまる

個人的にバイオハザードにアクション要素をもりもり詰め込んで欲しくないと思ってるので、『マーセナリーズ』のようなアクションゲームはあんまりなんすよ…。

私みたいに『マーセナリーズ』に興味が無い方は、まだ追加コンテンツも実装されておらず、本編しかやることがないので人を選ぶかもしれません。

ただ、500円払って『ゲーム内報酬全解放』してやれば、CPでアンロックする弾無限や新武器などが全て手に入るので、本編をやり直すときに楽しめる要素の1つになりそうですね。

②アクション要素が強すぎる

全体的に『バイオハザード4』の要素が強いんですが、それが個人的にはあまり好きじゃなくて、特にアタッシュケースのシステムが私には合わなかったです。

アイテムボックスがなく、基本的に全てのアイテムが持てるので、ヌルゲー感が否めません。

何を持っていって何を置いていくか、そして限られたアイテムで戦っていくような『戦略性の無さ』のが個人的に残念でした。

たけまる

煩わしさなどが無くなったと言えばそうかもしれないですけどね…(笑)

バイオハザード8(ヴィレッジ)をオススメしたい人

色々解説してきましたが、個人的に思うバイオハザード8(ヴィレッジ)をオススメしたい人は、こんな感じになります。

  • 前作をやっている
  • バイオハザード4が好き
  • 純粋にアクションホラーが好き

まず、前作をやっている方は絶対にやりましょう。

逆にやらない理由がないと思います。

そして、『バイオハザード4』が好きな方も、システム的にもかなり似ているので楽しめると思います。

読者

え?バイオシリーズ未プレイの人は…?

そんな方でも、純粋にアクションゲームやホラー体験がしたいのであれば、十分に楽しめる作品となっているので普通にオススメします。

まぁ予備知識があった方がいいに決まっているのは間違いですけどね…(笑)

まとめ

それでは、まとめになります。

総合評価は以下の通り。

項目評価
総合評価4.5
ストーリー5
ゲーム性4
ボリューム3.5
ホラー度4.5
世界観4
バイオハザード8(ヴィレッジ)とは

前作の完全な続編で『家族愛』を描いたサバイバルホラーゲーム。

前作のシステムを継承しつつ、新たに『バイオハザード4』ようなシステムを導入しているのでアクション要素が強めになっています。

プレイした感想

良かった点は、

  • 色んな作品の要素を取り入れてる
  • 感動するのにしっかり怖い

悪かった点は、

  • ボリュームに欠ける
  • アクション要素が強すぎる
バイオハザード8(ヴィレッジ)をオススメしたい人
  • 前作をやっている
  • バイオハザード4が好き
  • 純粋にアクションホラーが好き

以上がまとめです。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

これで『バイオハザード8(ヴィレッジ)』がどんなゲームで、どんな魅力があるのかが分かってもらえたと思います。

とても楽しめた作品だったので、皆さんにもぜひやってもらいたいですね。

¥4,180 (2022/06/11 08:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥4,000 (2022/06/11 08:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥4,800 (2022/06/11 08:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥3,515 (2022/06/11 08:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Z Versionとはグロい表現が強めになっていることです。

さぁ、あなたも謎の村(ヴィレッジ)へと足を踏み入れて、壮絶な恐怖体験をしてみましょう。

きっと素敵な時間が過ごせると思います。

この記事が少しでも『いいね!』と思ったらコメントやTwitterのフォローお願いします!

では、また!

ABOUT ME
たけまる
管理人のたけまるです。 2021年8月からゲームブログを運営しております。 自分がプレイしたゲームの攻略・レビューに加え、ゲームでお金を稼ぐ【GameFi】のお役立ち情報をお届けしていきます。 『楽しむゲーム』と『稼げるゲーム』の素晴らしさを発信するために日々奮闘中!