NFTゲーム

【放置系NFTゲーム】Chain Of Legends(チェーンオブレジェンズ)の特徴と始め方

閲覧ありがとうございます。たけまるです。

巷で話題の『Chain Of Legends』

放置系のNFTゲームとして注目されています。

たけまる

ブラウザを閉じていても稼げるとか実際ヤバない?

そこで、

  • 話題になってるけどどんなゲーム?
  • 初期投資はどれくらいかかる?
  • 実際どれくらい稼げるの?

このような疑問にお答えすべく、

Chain Of Legends(チェーンオブレジェンズ)の概要と始め方について解説していこうと思います。

本記事では、

  • Chain Of Legendsの特徴
  • Chain Of Legendsの初期費用
  • Chain Of Legendsの収益性
  • Chain Of Legendsの始め方

このような内容でお届けしているので、この記事が読み終わる頃にはあなたは『Chain Of Legends』を確実に始めることができるでしょう。

それでは解説に入っていきたいと思います。

Chain Of Legendsとは

引用元 公式サイト

ゲーム名Chain Of Legends
対応機種PC
ゲームトークンCLEG
ブロックチェーンBinance Smart Chain(BSC)
公式サイトhttps://chainoflegends.com/

『Chain Of Legends』とは、ゲーム内の土地からゲーム内通貨であるCLEGを採掘する(稼ぐ)ことができる、ほぼ完全放置系のNFTゲームです。

たけまる

このCLEGこそが仮想通貨で、現実世界のお金と交換できるので稼げるということになるのです。

その他にも、石や鉄も採掘することができたり、部隊を編成して敵と戦わせるモードがあったりと、まだ実装されていない要素が多い発展途上のゲームになっています。

公式の『How To Play』動画を見ることで、何となくどんなゲームかわかると思います。

Chain Of Legendsのゲームシステム

どんなゲームなのかをより知ってもらうために『Chain Of Legends』のゲームシステムについて解説していきます。

まだ全ての機能が実装されていないですが、本来の大まかなゲームの流れとしては以下の通りになります。

  1. 土地から資源を回収
  2. 設備のアップグレード
  3. 部隊を派遣して報酬を得る
  4. 溜まったCLEGを現金に替える

もう少し詳しく見ていきましょう。

①土地から資源を回収

この資源というのは、現実世界と同様に段々取れなくなっていくのが特徴です。

例えば、現実世界の金塊や金の延べ棒といった『金』自体は数が少ないために希少価値が高いです。それと同様に、ゲームが進行していくごとにCLEGの取れる量が減っていくので希少価値が上がっていくことが予想されます。

Cycle1では2800、Cycle4では2400に取れる量が減っています。ちなみに『Cycle』はゲームの進行度と思ってください。

たけまる

段々資源が減っていくという世界観の中で進めていくゲームシステムが非常に魅力的であると個人的に思います

そして、土地から取れる資源にはこの3種類があります。

  • CLEG
  • Stone(石)
  • Iron(鉄)

採掘設備があれば時間とともに自動的に溜まっていくのが特徴で、それぞれ用途があるので軽く紹介します。

Stone(石)とIron(鉄)は9月中に実装予定です。

CLEG

引用元 公式サイト

CLEGは、初期から使用できる『CLEG Token Mine』という設備から採取することができるゲーム内通貨で、至る所で必要になってくるので最も大事な資源とも言えます。

例えば、

  • 設備のリペア(修復)
  • 設備の建設やアップグレード
  • 部隊の強化や市場で取引

といった感じで、ゲーム内通貨であるCLEGは実際に日本円に換金できるので、扱うのも慎重になってくるでしょう。

たけまる

ソシャゲにもゲーム内のお金を使ってキャラ合成させたりしますよね?簡単にいうとあんな感じ。

リペア(修復)とは、資源を採取している設備のHPが減ってきてしまうのでCLEGを払って回復させることです。(HPが20減ると性能が5%ダウン)

Stone(石)

引用元 公式サイト

Stone(石)は、CLEGを使って『Stone Mine』(石鉱山)という設備を建設したら採取できるようになり、市場からでも入手できます。

主な用途としては、

  1. Iron Mine(鉄鉱山)の建設
  2. 兵舎の建設
  3. ①と②のアップグレード

こんな感じになっています。

兵舎とは、部隊の訓練と戦闘後に回復させる場所です

Iron(鉄)

引用元 公式サイト

Iron(石)は、CLEGとStone(石)を使って『Iron Mine』(鉄鉱山)という設備を建設したら採取できるようになり、市場からでも入手できます。

主な用途としては、

  1. 兵舎の建設
  2. 兵舎のアップグレード
  3. 部隊の強化

こんな感じになっており、戦闘に関わるものに必要な資源となっています。

②設備のアップグレード

資源が溜まってきたらすぐに現金に替えるのもありですが、さらに資源を使って設備をアップグレードすることで効率よく資源を獲得することができます。

こちらは『CLEG Token Mine』のアップグレードの表の一部になります。

レベルコスト製造修理費用
無料500
1000955
200018115
400034335
800065275
160001238155
320002352315
640004469635
引用元 公式サイト

※コスト、製造、修理費用ともに単位は『CLEG』

製造とは、1日に採取できる量のことです。

修理費用とは、設備のHPを1回復させるためにかかる費用のことで、稼働していると徐々にHPが減っていき、20減ると性能が5%ダウンします。

こんな感じで『石、鉄、兵舎』のアップグレードも可能で、次に紹介するダンジョンや宝島に整備した部隊を派遣することで、さらに資源などを獲得することも可能です。

③部隊を派遣して報酬を得る

引用元 公式サイト

兵舎を建設したら部隊の編成が可能になり、部隊の訓練および戦闘後の回復に使われます。

アップグレードなどをして性能を引き上げることで、アドベンチャーモードで更なる報酬の獲得が望めます。

兵舎は9月末に実装予定です。

引用元 公式サイト

アドベンチャーモードには、『ダンジョン』『宝島』が選択できるので簡単に概要を見ていきましょう

アドベンチャーモードはまだ実装されていません。

ダンジョン

部隊を派遣してダンジョンを探すことができれば、そこでモンスターを倒したり、宝物を手に入れることができます。

ダンジョンではレアアイテムに加え『ドラゴン』『ゴブリン』を捕獲できれば、部隊の戦力として使用できます。

たけまる

ドラゴンを捕獲して戦力の一部にするとかロマンありすぎ!

宝島

部隊を派遣して宝島を探すことができれば、そこで財宝を手に入れることができます。

宝島にはモンスターがいる可能性があるのでモンスターを倒して島を占領し、他のプレイヤーからの攻撃にも備える必要も出てきます。

たけまる

公式のPVにもまだ宝島の内容が示されておらず、詳しくわからないのが実際のところです。

④溜まったCLEGを換金する

『家に帰るまでが遠足』と言われるように『現金に替えるまでがNFTゲーム』と言えるので、溜まったCLEGをしっかり換金してゲームで稼ぐという体験を味わいましょう。

ついつい溜まったCLEGをさらに設備のアップグレードに使い込んだりしてしまうのですが、自分が『Chain Of Legends』を始めたときの初期費用は早めに回収しておくといいですね。

たけまる

人間の欲とは恐ろしいもので「もっともっと…」となるので理性を抑えましょう。

Chain Of Legendsの初期費用

『Chain Of Legends』がどんなゲームか分かったところで、

読者

じゃあ始めるのにはどのくらいお金がかかるの?

次はこんな疑問にお答えします。

ずばり『Chain Of Legends』を始める上での初期費用は、

『無料~1万円』

となっており、NFTゲームにしては安く始めることができます。

土地さえ購入すればすぐにCLEGを稼ぐことができるので、全部で5つあるレアリティから自分が出せる範囲の資金で土地を購入しましょう。

【投稿時の価格】

レア度価格
Desert無料
Common100CLEG
Uncommon約320CLEG
Rare約1400CLEG
Legendary約8000CLEG

投稿時のCLEG(仮想通貨)の価格はだいたい1.4円くらいで、最新の価格が知りたい方はこちらのサイトにて確認できるのでチェックしてみてください。

無料のものに関しては、

8:00 → 8:30 → 9:00といった感じで、30分おきにマーケットプレイスにて少量だけ売り出されるので早い者勝ちとなっています。

Uncommonは収益率に10%、Rareは20%、Legendaryは30%といったようにボーナスが付くので、始めるならUncommon以上をオススメします。

土地から得られるトークン(CLEG)には限りがあり、最大収穫量を迎えた土地は消滅します。なので新たな土地を準備する必要があることは覚えておきましょう。

この注意点からわかるように、無料の土地を購入してもすぐに最大収穫量を迎えてしまうので、無料でやり続けるのはあまり現実的ではないですね。

Chain Of Legendsの収益性

初期費用がそこまで高くなく、始めやすいのもわかったところで、

読者

じゃあ実際どれくらい稼げるの?

という肝心なところに踏み込んでいき、実際に私がどれくらい稼いでるかをお伝えします。

ずばり『Chain Of Legends』での稼ぎは、

『1日に300円程度』

となっており、月に換算したら9000円くらいです。

投稿時のCLEG(仮想通貨)の価格はだいたい1.4円くらいで、最新の価格が知りたい方はこちらのサイトにて確認できるのでチェックしてみてください。

私の場合はレベル4までアップグレードしているからなので、これくらいまで稼ぎが欲しい方はある程度CLEGを購入してアップグレードしていきましょう。

例えば、【Common】の土地を購入してレベル1のCLEG Token Mineという設備で進めたとします。

  • 【Common】は約100CLEGで買える
  • 【Common】は約200CLEG獲得できる
  • 設備レベル1は1日に50CLEG獲得できる

つまり、4日でCLEGを取りつくして土地が消滅し、100CLEGの利益を得ることができます。そしてまた土地を買いなおす。

大体こんな感じですね。

読者

じゃあ具体的にどうやって稼ぐの?

という質問に関しては、

『1日に数回クリック』

これだけです。

怪しいと思われるかもしれないですが、本当にこれだけです。

実際に私も20秒で終わる作業を毎日やってCLEGを稼いでいます。

たけまる

まだ本格的にゲームが始まっていないので、今後の稼ぎに関してはまだ未知数と言えますね。

Chain Of Legendsの始め方

ここまで全て読んでくれた方は、もう『Chain Of Legends』を始めたくてウズウズしていることでしょう。

ですが、まぁ一旦落ち着いてください。これから丁寧に解説していくので焦らずやっていきましょう。

まず『Chain Of Legends』の始め方の流れを紹介します。

  1. コインチェックの登録
  2. コインチェックに日本円の入金
  3. リップル(XRP)を購入
  4. バイナンスの登録
  5. リップル(XRP)をバイナンスに送金
  6. リップル(XRP)をBNBに交換
  7. メタマスクの登録&BSCの追加
  8. BNBをメタマスクに送金
  9. パンケーキスワップでBNBをCLEGに交換
  10. Chain Of Legendsにて土地を購入

この10ステップを踏んで頂く必要があります。

「待て待て~い!」

読者

さすがに長すぎやしねーか…?

と思った方は、本当にその通りだと思います。

ただ『Chain Of Legends』に限らず、だいたいどのNFTゲームも最初はこんな感じのことをしないといけないんですよ…。初心者の方からすると、わけのわからない単語が多くてしんどいですよね。

読者

パンケーキスワップ?甘くて美味しいのかな~?

しかし、このステップさえ乗り切れば誰でも『Chain Of Legends』を始めることができ、別のNFTゲームを始めるときもだいたい同じような手順なので手間もグッと減ります。

なので頑張っていきましょう!

たけまる

経験上、1度放置系のNFTゲームを始めてしまうと、別のNFTゲームもプレイしたくなります。(人間って欲深い…)

NFTゲームを始める上で必ず登録しないといけない、

この3つに関しては、先にまとめて登録だけしておくとスムーズに始めることができるのでオススメ!

それではステップ①~⑩の解説に入っていきます。

ステップ① コインチェックの登録

まず、仮想通貨を購入するために『暗号通貨国内取引所の口座開設』をしていく必要があります。

その国内取引所は10個以上も存在し、その中でも個人的にオススメしたい国内取引所が『コインチェック』になります。

その理由は、スマホアプリが抜群に使いやすく、初心者の方にも直感的にわかるシンプルな作りになっているからです。

そしてコインチェックは、

  • 取り扱い通貨が国内最大級
  • ダウンロード数No.1

これらの理由から、最大手の国内取引所と言えるので安心して使うことができるでしょう。

手数料が高いと言われがちですが、リップル(XRP)であれば送金手数料は数円で済む上に、圧倒的使いやすさ&最大手という安心感のためなら安いもんだと思います。

たけまる

私も最初はコインチェックから口座開設しましたが、やっぱりコインチェックが1番使いやすいですね。

初心者の方には一番向いている国外取引所だと思うので、コインチェックの口座開設をオススメします。

\ ダウンロード数No.1!/

手順通りにやれば簡単に終わるのでサクッと終わらせましょう。

スマホアプリはこちらからどうぞ!

仮想通貨ならコインチェック-ビットコイン(btc)ウォレット
仮想通貨ならコインチェック-ビットコイン(btc)ウォレット
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ステップ②コインチェックに日本円を入金

それでは、コインチェックの口座開設が済んだところで次は、仮想通貨を買うために『日本円の入金』に取り掛かりましょう。

まず、コインチェックに入金する方法には以下の3つがあります。

  1. 銀行入金
  2. クイック入金
  3. コンビニ入金

どれでもいいですが、インターネットバンキングであれば好きなときに入金できるのでオススメで、特に住信SBIネット銀行であれば入金手数料が無料なところもめちゃくちゃいいですね。

現在、銀行口座からの振込入金しかできません。

たけまる

私も自分のへそくり用に『住信SBIネット銀行』を使っていますが、本当に便利なので持っていない方はオススメします。

不安な方はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

【超簡単】Coincheck(コインチェック)の入金方法を実際の画面を使って解説!本記事では、コインチェックへ日本円を入金する方法を実際の画面を使って分かりやすく解説しているので、見終わる頃には確実に入金が完了しています。ぜひ最後までご覧ください。...

ステップ③ リップル(XRP)を購入

日本円が入金できたところで早速『仮想通貨の購入』に入っていきましょう。

ビットコインだと1000円以上の手数料がかかるので、手数料を抑えるために必ずリップル(XRP)を選択してください。

  1. アプリの販売所から【XRP】を選択
  2. 【購入】をタップ
  3. どれだけ購入したいかを入力
  4. 【日本円でXRPを購入】をタップ

この手順通りやれば購入が完了となります。

動画を用意したので参考にしてみてください。

たけまる

20秒もかからないとか簡単過ぎん?

ステップ④ バイナンスの登録

約3分の1が終わったところで、暗号通貨国外取引所のバイナンスの登録に入っていきます。

(既に登録済みの方はスキップしてもらって大丈夫です)

読者

国外取引所ってもしかして英語まみれだったりする?

って思った方は安心してください。国外取引所といってもしっかりと日本語対応されているので大丈夫です。

それでは早速『バイナンス』の口座開設に進んでいきましょう。

手順通りにやれば簡単に終わるのでサクッと終わらせましょう。

ステップ⑤ リップル(XRP)をバイナンスに送金

残り半分です!頑張っていきましょう!

バイナンスの登録が済んだところで、コインチェックで購入したリップル(XRP)をバイナンスに送金する作業になります。

ここがかなり重要なポイントで、

別の記事にて『コインチェックからリップル(XRP)をバイナンスに送金する方法』を詳しく解説しています。

重要としている理由は、この送金作業をする際の手違いで資金を失ってしまう恐れがあるからです。

なので、こちらの記事を参考にしてみてください。

【超簡単】リップル(XRP)をバイナンスに送金する方法【コインチェック編】本記事では、コインチェックからバイナンスへリップル(XRP)を送金する方法を実際の画面を使って分かりやすく解説しているので、見終わる頃には確実に入金が完了しています。ぜひ最後までご覧ください。...

ステップ⑥ リップル(XRP)をBNBに交換

無事にバイナンスにリップルが送金されたことを確認して次のステップに入っていきたいと思います。

続いては、リップル(XRP)をBNBコンバート(交換)する作業になります。

たけまる

コンバート(換金)はとても簡単なのでサクッと終わらせていきましょう。

やり方は別の記事にて詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にしてみてください。

【超簡単】バイナンスで仮想通貨をBNBにコンバート(交換)する方法と注意点を解説本記事では、バイナンスで仮想通貨をBNBに交換する方法を実際の画面を使って分かりやすく解説しています。なので、見終わる頃には確実に交換が完了しています。ぜひ最後までご覧ください。...

ステップ⑦ メタマスクの登録&BSCの追加

さて、残りの作業もあと3分の1です。

ステップ⑦は『メタマスク』の登録&BSCの追加です。

(既に持っている方はスキップしてもらって大丈夫です)

メタマスクとは簡単に言うと、暗号資産(仮想通貨)を保管しておくための財布のことです。

NFTゲームで遊ぶ際に、このメタマスクという財布からお金(仮想通貨)を払ってゲーム内のアイテムなどを買うことができます。

その逆もしかりで、ゲーム内で得た仮想通貨もメタマスクに入れることできて、メタマスクが無いと仮想通貨を持ち出すことできないのでまずは登録を済ませておきます。

手順通りにやれば簡単に終わるのでサクッと終わらせましょう。

登録が済んだら、同時にBSC(バイナンススマートチェーン)というネットワークの追加をします。

読者

ちょっとわけのわからない単語の羅列やめてもらっていいですか?

って思うかもしれませんが、これをしないとChain Of Legendsで遊ぶことができないので、難しいことは考えずに『ゲームをするための準備』と考えてもらえれば大丈夫です。

やり方は別の記事にて詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にしてみてください。

メタマスクのアイキャッチ画像
NFTゲーム初心者必見!MetaMask(メタマスク)の登録&BSCの設定方法を解説!本記事では、メタマスクの登録からBSC(Binance Smart Chain)ネットワークの設定方法までを実際の画面を使って分かりやすく解説しています。NFTゲームを始める上で避けては通れない作業の1つをこの記事を見ることによってサクッと解決できるので、ぜひ参考にしてみてください。...

ステップ⑧ BNBをメタマスクに送金

メタマスクの登録が済んだところで、次はBNBをメタマスクに送金する作業になります。

たけまる

こちらの作業はとても簡単なのでサクッと終わらせていきましょう。

やり方は別の記事にて詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にしてみてください。

【超簡単】バイナンスからBNBをメタマスクに送金する方法と注意点を解説本記事では、バイナンスからBNBをメタマスクに送金する方法を実際の画面を使って分かりやすく解説しているので、見終わる頃には確実に入金が完了しています。ぜひ最後までご覧ください。...

ステップ⑨ パンケーキスワップでBNBをCLEGに交換

メタマスクにBNBが追加されたことを確認したら、パンケーキスワップでBNBをCLEGに交換する作業になります。

パンケーキスワップとは、分散型取引所(DEX)の一つで取引手数料が低いのが特徴です。DEXについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

簡単に言うと、仮想通貨同士を交換できる場所だと思ってください。

やり方は別の記事にて詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にしてみてください。

【超簡単】パンケーキスワップでBNBをスワップ(交換)する方法と注意点を解説!本記事では、パンケーキスワップでBNBをスワップ(交換)する方法を実際の画面を使って分かりやすく解説しています。なので、見終わる頃には確実にスワップ交換が完了しています。ぜひ最後までご覧ください。...

ステップ⑩ Chain Of Legendsにて土地を購入

ようやく全ての準備が整いました。

早速、お金を生む土地を購入していきましょう。

購入まではたったの3ステップで終わるので、サクッと終わらせていきましょう。

  1. メタマスクとChain Of Legendsを接続
  2. Chain Of LegendsにCLEGを入れる
  3. 土地を選んで購入する

それでは公式サイトへ入っていきましょう。

上記の紹介リンクから始めると6ヶ月間マイニング報酬が1%多く貰えるので、始めるならこちらからの方がいいでしょう。

①メタマスクとChain Of Legendsを接続

まず、公式サイトへ行くとこのような画面になります。

  1. チェックを入れる
  2. 【Connect Wallet】をクリック

そうするとメタマスクが立ち上がるので、

【署名】をクリック

これで『メタマスク』と『Chain Of Legends』を接続が完了となります。

②Chain Of LegendsにCLEGを入れる

ホーム画面の【CLEGの+マーク】をクリックします。

左側のDepositから、

  1. ゲーム内に入れたいCLEGの量を入力
  2. 【Deposit】をクリック

入力が済むとメタマスクからゲーム内にCLEGが追加されます。

③土地を選んで購入する

ホーム画面の【MarketPlace】をクリックします。

すると、5つのレアリティの中から土地を選んでいくことになります。

1番左にある【Desert】は無料でもらえるものですが、すぐに売り切れてしまうのですぐに始めたい方は【Common】以上を選ぶようにしましょう。

Uncommonは収益率に10%、Rareは20%、Legendaryは30%といったようにボーナスが付くので、始めるならUncommon以上をオススメします。

今回は【Common】の土地を実際に買っていきます。

自分の買いたい土地が決まったら【Buy】をクリック。

【Yes】をクリック。

この画面が出たら購入完了です。

念のため、画面下にある【My Lands】をタップして購入した土地があるか確認しましょう。

このように【Mining】となっていたら購入した土地からCLEGを獲得していることになるので、これで全ての作業が終了となります。

たけまる

本当によく頑張りました!これでChain Of Legendsを始めることができたので、これからは気軽に小遣い稼ぎしていきましょう!

※私の場合は、元々Rareの土地をマイニング中だったので、先ほど購入したCommonの土地は【Mining】と表示されていません。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます!

Chain Of Legendsは、1日に数回クリックしてゲーム内通貨(仮想通貨)を獲得できるほぼ完全放置系のNFTゲームです

たけまる

個人的にはまだ実装されていない要素が色々とあり、9月中に本格始動する予定なのでかなり期待しています。

初期費用収益性(日/CLEG)
無料~約1万円50~6400

CLEGの価格にもよりますが、1日に数十円~数百円は稼げるでしょう。

Chain Of Legendsの始め方
  1. コインチェックの登録
  2. コインチェックに日本円の入金
  3. リップル(XRP)を購入
  4. バイナンスの登録
  5. リップル(XRP)をバイナンスに送金
  6. リップル(XRP)をBNBに交換
  7. メタマスクの登録&BSCの追加
  8. BNBをメタマスクに送金
  9. パンケーキスワップでBNBをCLEGに交換
  10. Chain Of Legendsにて土地を購入

ざっとこんな感じの内容を説明してきました。

放置系のNFTゲームであれば、時間がない我々でも少なからず稼ぐことができるので非常にオススメしたいです。

月に5000円でも多くお小遣いが増えるだけでもかなり嬉しくないですか?

それは決して難しい話ではないので、まずはNFTゲームを始めるために必要なものから登録していきましょう。

たけまる

行動に移したもん勝ちですから、今すぐ動き出しましょう!

NFTゲームを始める上で必ず登録しないといけない、

この3つに関しては、先にまとめて登録だけしておくとスムーズに始めることができるのでオススメ!

この記事を見て、少しでも始めてくれる方がいることを祈って終わりにしたいと思います。

この記事が少しでも『いいね!』と思ったらコメントやTwitterのフォローお願いします!

では、また!

ABOUT ME
たけまる
管理人のたけまるです。 2021年8月からゲームブログを運営しております。 自分がプレイしたゲームの攻略・レビューに加え、ゲームでお金を稼ぐ【GameFi】のお役立ち情報をお届けしていきます。 『楽しむゲーム』と『稼げるゲーム』の素晴らしさを発信するために日々奮闘中!